年金(老後資金)

【公的年金】繰り下げ受給年齢の拡大と受給額の比較

繰り下げ受給の拡大

ゆう(@life__money)です。
以前、公的年金の繰り上げ受給、繰り下げ受給についてまとめましたが、2022年4月から繰り下げ受給が現在の70歳から75歳迄と最大で10年間に拡大されました。75歳まで繰り下げ受給をすると84%も受給額が増えるとの事で支給額についてざっくりまとめてみました。

現行の繰り下げ受給

現在、年金の繰り下げ受給は65歳から1ヶ月単位で受給年齢(時期)を遅らせる事ができ、1ヶ月遅らせる毎に0.7%ずつ受給額が増えます。

厚生労働省が発表した平成31年度(令和元年度)の国民年金の年金支給額の78万円/年を基準とすると、1ヶ月当り780,000×0.7%=5,460円増額されます。
月の支給額が65,000円程ですので、1ヶ月遅らせる事で月70,460円の支給額となります。

公的年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給でも述べましたが、5年繰り下げて受給した場合、年金受給額は年110万円となり、100歳までの30年間での総受給額は3,300万円となり、65歳で年78万円の年金を受給した場合の2,730万円より570万円多くなります。

繰り下げ受給額

新制度の繰り下げ受給

冒頭でも述べましたが、2022年4月からの新制度では、これまでの70歳より更に5年間引き下げて75歳から受給開始とする事ができるようになります。

繰り下げ受給をした場合、これまで同様、70歳以降も1ヶ月遅らせる毎に0.7%ずつ受給額が増えます。つまり、現行65歳受給開始の年金を10年間繰り下げて75歳からの受給開始にすると0.7%×12ヶ月×10年=84%となり、年額78万円の受給額が143万円となります。
(月単位では、119,600円になります。)

人生100年時代、75歳から受給を開始して100歳まで受け取る場合、通常の65歳での受給及び現行の繰り上げ受給、65歳での繰り下げ受給の受給額を図にすると下図のようになります。

繰上げ・繰下げ受給

100歳まで受給する事を前提とすると、75歳まで10年間受給年齢を引き下げると受給総額が最も多くなる事がわかります。もし、65歳以降も生活し得る収入源が確保できる場合は、75歳までの間で引き下げ受給を考えるのもありかもしれません。

しかし、昨今、「人生100年時代」と言われるものの、実際の平均寿命は男性で81.25歳、女性で87.32歳と100歳にならない可能性もありますので、受給額の引き上げ、引き下げについては色々と考慮していく必要がありそうです。

まとめ

・2022年4月より75歳まで最大10年間、年金の受給開始を遅らせられる
・受給額は現行同様、1ヶ月繰り下げ受給する毎に支給額が0.7%増える
・100歳迄の受給総額は75歳で繰り下げ受給した時が最も多い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です